Apidog

オールインワンのAPI開発プラットフォーム

API設計

API仕様書生成

APIデバッグ

API Mock

APIテスト自動化

無料登録
Home / 操作ガイド / Spotify Web APIの使い方|Spotifyに簡単に連携する

Spotify Web APIの使い方|Spotifyに簡単に連携する

Spotify Web APIとは、Spotifyが提供しているプログラミング用のWebAPIです。開発者にとって、自分のアプリやプロジェクトをSpotifyサービスへの連携を実現する最も簡単な対策は、Spotify Web APIを利用することになります。本文では、Spotify Web APIの使い方を完全に紹介した上、Spotify Web API経由でSpotifyに簡単に連携する方法をも紹介します。

Spotify Web APIとは、Spotifyが提供しているプログラミング用のWebAPIです。開発者にとって、自分のアプリやプロジェクトをSpotifyサービスへの連携を実現する最も簡単な対策は、Spotify Web APIを利用することになります。本文では、Spotify Web APIの使い方を完全に紹介した上、Spotify Web API経由でSpotifyに簡単に連携する方法をも紹介します。

💡
ApidogのAPI Hubサービスでは、Spotify Web APIプロジェクトにアクセスすることができ、Spotify Web APIをGUIから簡単に操作・テストでき、さらにクライアントコードの自動生成も可能になるので、Spotifyに連携したい場合、Apidogを使うのが有利です。

また、Apidogは完全無料で利用可能なツールになりますが、次のボタンからこのツールを無料で取得することが可能です。
button

Spotify Web APIとは

Spotify Web APIとは、Spotifyが提供しているプログラミング用のWebAPIです。このAPIを利用することで、Spotifyのサービスやデータにアクセスし、様々な機能を自分のアプリケーションに組み込むことができます。

Spotify Web APIでできること

Spotify Web APIは、RESTful APIとしてデザインされており、HTTPリクエストを送ることで様々な機能を呼び出せます。応答はJSONフォーマットで返されます。認証にはOAuth 2.0が使われています。Spotify Web APIでは、以下のような機能が提供されていますので、Spotify Web APIを利用して、外部からSpotifyの次の操作を実現することができます。

  1. 音楽の再生制御
    アプリケーション内で曲の再生、一時停止、スキップなどの操作ができます。
  2. 音楽ライブラリへのアクセス
    ユーザーのプレイリスト、保存した曲、アルバム、アーティストなどのデータを取得できます。
  3. 音楽検索
    曲、アルバム、アーティストなどを検索し、関連情報を取得できます。
  4. おすすめ機能
    ユーザーの音楽嗜好に基づいた楽曲、アーティスト、プレイリストのおすすめを取得できます。
  5. 新着リリースやチャート情報の取得
    新しいリリースされたアルバムやチャートランキングなどのデータにアクセスできます。
  6. ユーザープロファイル情報の取得・更新
    ユーザーの基本情報やプレイ履歴などを取得・更新できます。

また、Spotify Web APIによって他にも様々な機能を実現することができますので、より詳しく知りたい場合は、Spotifyの開発者向けのページでご参照ください。

このAPIを活用すれば、自分のWebサイトやモバイルアプリに音楽再生やプレイリスト管理などのSpotifyの機能を組み込むことができ、ユーザーエクスペリエンスを向上させられます。音楽関連のアプリやSpotifyと連携したサービスを開発する際に非常に重要なAPIとなっています。

Spotify Web APIを利用するメリット

Spotify Web APIを利用することで、以下のようなメリットがあります。

アプリケーションにSpotifyの豊富な音楽コンテンツを統合

Spotifyには8000万曲以上のカタログがあり、Web APIを使えばそのコンテンツをアプリに簡単に組み込めます。自前で音楽データを用意する必要がありません。

便利な音楽プレーヤー機能を活用

APIには再生コントロール、プレイリスト管理、音楽ライブラリ同期などの基本的な機能が揃っています。これらの機能をアプリに実装するのが容易になります。

ユーザーのSpotifyアカウントデータにアクセス

ユーザーの音楽ライブラリ、プレイリスト、好みのジャンルなどのデータを取得できます。パーソナライズされた体験を提供しやすくなります。

おすすめコンテンツ機能が利用可能

Spotifyの音楽レコメンデーションエンジンを活用できます。個々のユーザーに合わせた新しい音楽やプレイリストのおすすめが可能です。

認証をカスタマイズ

OAuth 2.0ベースの認証を使い、様々な認証フローをカスタマイズして実装できます。

開発が容易

RESTful APIでリソースベースの設計なので、一般的なWeb技術で開発が行えます。また、SDKやサンプルコードも豊富に用意されています。

最新の音楽トレンドにアクセス

新着リリース、チャートデータ、人気アーティストなどの情報を常に最新の状態で取得できます。

つまり、Spotify Web APIを利用することで、自社サービスに手軽に音楽機能を追加でき、Spotifyの膨大な音楽カタログとレコメンデーション機能、ユーザーデータを活用することができます。結果としてユーザーによりパーソナライズされた体験を提供できるメリットがあります。

Spotify Web APIの利用料金

Spotify Web APIは無料で使えるAPIになり、基本的に料金はかかりません。つまり、基本的な検索やデータ取得機能は無料で利用できますので、料金支払いが不要になります。

ただし、Spotify Web APIを利用する際、APIのレートリミット(レート制限)があります。Spotify Web APIのレート制限を確認しながら、適度に利用してください。Spotify Web APIのレート制限に達している場合、クォータを購入することもできます。

より詳しくはSpotify Web APIのレート制限ページを参照してください。

Spotify Web APIの使い方を完全に解説

それでは、Spotify Web APIを利用するには、どうしたらいいですか?次は、Spotify Web APIの利用手順を紹介します。

Spotifyアプリを作成

Spotify Web APIの利用を開始する前に、まずは次のようなステップを参照して、Spotifyアプリを作成する必要があります。

ステップ⒈Spotifyの開発者向けページにアクセスして、アカウントにログインします。

Spotifyの開発者向けページ

ステップ⒉ここで、Spotifyのダッシュボードページにリダイレクトされて、「Create」ボタンをクリックして、アプリを作成します。

Spotifyアプリを作成

ステップ⒊このページでアプリ名などの情報を入力して、利用するAPIやSDKをチェックして、「Save」をクリックします。

アプリ情報を入力

SpotifyのOAuth 2.0認証を実装してアクセストークンを取得

Spotifyでアプリを作成すると、ClientIDとClient Secretを取得することができます。ClientIDとClient Secretを利用して、SpotifyのOAuth 2.0認証を実装したら、Spotify Web APIへのアクセストークンを取得できます。

ステップ⒈Spotifyアプリを作成すると、アプリのページの右上にある「Settings」ボタンをクリックします。

アプリの設定

ステップ⒉「Basic Information」タブでClient IDが表示されます。「Show Client Secret」をクリックして、Client Secretを確認することもできます。

Client Secretを取得

ステップ⒊次のcurlをApidogというAPI管理ツールを導入して、ClientIDとClient Secretを別々に記入すると、リクエストを送信すると、Spotify Web APIのアクセストークンが取得されます。

curl -X POST "https://accounts.spotify.com/api/token" \
     -H "Content-Type: application/x-www-form-urlencoded" \
     -d "grant_type=client_credentials&client_id=your-client-id&client_secret=your-client-secret"
Spotify APIのアクセストークンの取得

Apidogを利用してSpotify Web APIを簡単に利用する

Spotify Web APIのアクセストークンを取得すると、ApidogというAPI管理ツールを利用することで、簡単にSpotify Web APIにアクセスすることで、簡単に利用することができます。

button

Apidogでは、サードパーティのAPIをまとめるAPI Hubというサービスを提供しています。次のページを開くと、Spotify Web APIプロジェクトが開かれます。このページでは、オンラインでSpotify Web APIを簡単に利用したり、テストしたりすることができます。

ApidogのSpotify APIにアクセス

ここで「Try it out」ボタンをクリックして、先に取得したアクセストークンを入力すると、オンラインでSpotify Web APIを利用したり、テストしたりすることも可能です。

Spotify APIを利用とテスト

クライアントコードを生成してSpotifyに連携する

また、Apidogを利用してSpotify Web APIをテストして問題なく動作できる場合、1クリックだけで、API実装用のクライアントコードを生成することもできます。Apidogのコード生成機能は、様々なプログラミング言語やそれぞれのライブラリにも対応できるので、どのような言語で開発している場合でも役に立ちます。

APIのクライアントコードを生成
button

まとめ

この記事では、Spotify Web APIとは何か、その利用メリット、使い方を詳しく解説しました。主な内容は次のとおりです。

  • Spotify Web APIは、Spotifyが提供するWebAPIで、Spotifyのサービスやデータにアクセスしてアプリに組み込むことができる。曲の再生制御、プレイリストへのアクセス、音楽の検索やおすすめ機能などを実現できる。
  • Spotify Web APIを利用するメリットは、Spotifyの豊富な音楽コンテンツやプレーヤー機能をアプリに統合できること、ユーザーデータにアクセスしてパーソナライズされた体験を提供できること、開発が容易であることなどがある。
  • Spotify Web APIを使うには、まずSpotifyアプリを作成してClientIDとClient Secretを取得する。次に、OAuth 2.0認証を実装してアクセストークンを取得する必要がある。

また、Apidogを利用することで、Spotify Web APIをGUIから簡単に操作・テストでき、さらにクライアントコードの自動生成も可能になるので、Spotifyに連携したい場合、Apidogを使うのが有利です。

Apidogのニュースレターを購読する

今すぐ購読すると、いつでもApidogから更新情報と最新観点を手に入れることができます。