Apidog

オールインワンのAPI開発プラットフォーム

API設計

API仕様書生成

APIデバッグ

API Mock

APIテスト自動化

無料登録
Home / 操作ガイド / Axiosを利用してCookieを送信する方法

Axiosを利用してCookieを送信する方法

APIリクエストでCookieを送信する必要がある場合もよくありますが、それをAxiosで送信することができますか?Axiosは、Axiosは、JavaScriptで非常に汎用されているHTTPクライアントライブラリとして、多くのユーザーはAxiosを利用してCookieを送信する必要があります。本文では、Axiosを利用してCookie情報を送信する方法を完全に解説します。

APIリクエストでCookieを送信する必要がある場合もよくありますが、それをAxiosで送信することができますか?Axiosは、Axiosは、JavaScriptで非常に汎用されているHTTPクライアントライブラリとして、多くのユーザーはAxiosを利用してCookieを送信する必要があります。本文では、Axiosを利用してCookie情報を送信する方法を完全に解説します。

利用ガイド:Axiosの使い方を完全解説
Axiosは、JavaScriptで使えるHTTPクライアントライブラリです。本文では、Axiosを使って、リクエストを送信したり、レスポンスを取得したりする方法を完全に解説していきたいと思います。Axiosを使いこなすと、APIのテストの効率もかなり向上できると思います。

Axiosとは

AxiosはJavaScriptで使えるHTTPクライアントライブラリです。PromiseベースのAPIを提供しているので非同期処理が扱いやすく、JSONデータの自動変換も行ってくれるためレスポンスデータの処理がしやすくなっています。リクエストの送信とレスポンスの取得が簡単に実現可能なので、HTTP通信を行う際に便利なライブラリだといえます。

Axiosの公式サイト

APIリクエストでCookie送信が必要?

APIリクエストでCookieを送信する必要があるかどうかは、APIの設計と要件次第です。一般的には以下のような場合にCookieを送信する必要があります。

API Cookieとは?それを送信する方法は?
API Cookieは、APIを利用する際にクライアントとサーバー間の認証やセッション管理のCookieとして、非常に汎用されています。本文では、APIでのCookieを完全に解説した上、API Cookieを送信する方法も一緒に紹介していきたいと思います。
  1. 認証
    APIにアクセスする際の認証にCookieベースのセッション管理を使用している場合、リクエストにCookieを含める必要があります。サーバー側でCookieからユーザーを識別し、アクセス権を付与できます。
  2. ユーザー設定・プリファレンス
    ユーザーの設定やプリファレンスをCookieに保存している場合、APIリクエストにCookieを送信することで、サーバー側でユーザーに合わせた適切なレスポンスを返せます。
  3. CSRF対策
    一部のWebアプリケーションでは、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)対策としてCookieを使用しています。その場合、APIリクエストにもCookieを含める必要があります。
  4. ステートフルなREST API
    ステートフルな設計のREST APIの場合、セッション管理にCookieを使うことがあり、その際はCookieを送信する必要があります。

また、Cookieを使わない認証方式が一般的になってきており、不要な場合はCookieを送信しないほうがセキュリティ上も好ましいとされています。APIの要件次第ですが、必要がなければCookieを送信しないよう設計するのが理想的です。

AxiosでCookieを送信するには?

APIの仕様に従って、Cookieの送信が必要がある場合、Axiosを利用してCookieをどのように送信しますか?次は、Axiosでリクエストを送信する際、ヘッダーにCookieを追加して送信する方法を紹介します。

AxiosでのCookieの送信方法は、アプリケーションの要件やCookieの使用範囲によって異なります。主な設定方法は、次のようになっています:

リクエストインスタンス作成時にCookieを設定

import axios from 'axios';

// Cookieを付加したインスタンスを作成
const instance = axios.create({
  withCredentials: true // Cookieを送信するようにする
});

// リクエスト時にこのインスタンスを使用
instance.get('/api/endpoint')
  .then(response => {
    // 処理
  })
  .catch(error => {
    // エラー処理
  });

個別のリクエスト時にCookieを設定

import axios from 'axios';

axios.get('/api/endpoint', { withCredentials: true }) // Cookieを送信するようにする
  .then(response => {
    // 処理
  })
  .catch(error => {
    // エラー処理
  });

withCredentialsオプションをtrueに設定することで、Cookieがリクエストに含まれるようになります。

Axiosインスタンスレベルでデフォルトを設定

import axios from 'axios';

// デフォルトでCookieを送信するように設定
axios.defaults.withCredentials = true;

// 以降のリクエストではCookieが自動で送信される
axios.get('/api/endpoint')
  .then(response => {
    // 処理
  })
  .catch(error => {
    // エラー処理
  });

この方法では、Axiosインスタンスのデフォルト設定を変更しているため、全てのリクエストでCookieが送信されるようになります。

AxiosでCookie送信ができなかった?

Axiosで適切にCookieを送信できない場合の対処方法として、以下の点を確認することが重要だと思います。

  1. withCredentials オプションの設定を確認する
    まず最初に、withCredentials オプションが true に設定されているか確認します。このオプションを有効にしないと、Axiosは自動的にCookieを送信しません。
  2. オプションの設定箇所を確認する
    withCredentials オプションの設定箇所が適切かどうかを確認します。インスタンス作成時、個別リクエスト時、デフォルト設定のいずれかで true に設定されているかを確かめます。
  3. CORSの設定を確認する
    サーバー側のCORS(Cross-Origin Resource Sharing)の設定が、クライアントからのCookieを受け付けられるよう適切に設定されているかを確認します。
  4. Cookieの有効期限を確認する
    送信しようとしているCookieの有効期限が切れていないことを確認します。
  5. Cookieのドメイン、パス、SameSite 属性を確認する
    Cookieのドメイン、パス、SameSite 属性がリクエストに合っているかを確認します。

上記を確認した上で、必要に応じてオプションを true に設定し直し、再送信を試みます。それでもCookieが送信できない場合は、ネットワークリクエストを確認したり、デバッガーでCookieの内容を検証したりして、原因を特定する必要があります。CookieをうまくAxiosリクエストに含められるよう、網羅的に設定を見直すことが重要だと思います。

ApidogでAPI Cookieを簡単に送信

API Cookieを送信するために、一番簡単なオプションは使いやすいAPI管理ツールのApidogを利用することになると思います。Apidogを使用することで、簡単にAPIリクエストを送信することができます。もちろん、APIリクエストを送信するときに、API Cookieを追加して一緒に送信したい場合は、Apidogはそれを簡単に実現できます。

button

ステップ⒈Apidogを開き、必須のHTTPメソッド、エンドポイントURLや各パラメータなど入れます。

ステップ⒉API Cookieをも一緒に送信する場合は、「Cookie」タブに切り替えて、Cookieのパラメータ名と値を入力して、「送信」ボタンをクリックすることで、API Cookieが付きのリクエストを送信できます。

ApidogでAPI Cookieを送信

また、APIを設計するときに、API Cookieを利用したい場合は、Apidogを利用して、API Cookieの要件(パラメータ名、データタイプやサンプル値など)をAPI仕様書に簡単に記載することができます。こうしてAPI開発者と実装者の間でCookie利用の要件を共有し、バックエンド開発者は、円滑にAPIの開発を進めることができるでしょう。

API仕様にAPI Cookieを設計
button

まとめ

本記事では、JavaScriptのHTTPクライアントライブラリであるAxiosを使用して、APIリクエストにCookieを含める方法を解説しました。

APIリクエストでCookieを送信する必要があるケースとしては、認証、ユーザー設定・プリファレンス、CSRF対策、ステートフルなREST APIなどがあげられます。一方で、ステートレスなAPIやCookieを使わない認証方式の場合は、Cookieを送信する必要はありません。Cookieが送信できない場合は、withCredentials オプションの設定を確認するほか、CORS設定、Cookieの有効期限やドメイン・パス・SameSite属性なども確認する必要があります。

さらに、API管理ツールのApidogを利用すれば、直感的なUIで簡単にAPIリクエストとCookieを送信できます。また、API設計時にCookieの要件を記載し、開発者間で共有することもできます。

Apidogのニュースレターを購読する

今すぐ購読すると、いつでもApidogから更新情報と最新観点を手に入れることができます。